専門性が高い流量計やふるい機を有効活用|仕事効率120%向上

作業員

安全に作業する

クレーン

工場などで使うクレーンは安全に使うことが大切です。そのためにも使用前点検や就業前点検などを行なうことが大切でしょう。
工場の中には安全防災などに関しての部署があります。そういった部署は作業員に関して責任者を決めて、作業者に点検を行ってもらえるように点検表を作ることが大切です。
さらに資格を持っている人を集めて点検やクレーンを安全に使う講習会を行なうことも大切です。クレーンを安全に使うためにも作業者一人一人が知識を持っておくことで事故や劣化を防ぐことができます。

クレーンの点検では、汚れや詰まりなどがないように清掃をすることが大切です。他にも取り付け不良や作動不良などがあると危険なのですぐに管理者に連絡をして対処してもらうことが大切でしょう。中にはボルトやねじが緩んでいる場合もあるので増し締めなどが必要になるでしょう。
こういった改善点が見つかると潤滑油やグリスなどが減っているので足してあげる必要も出てきます。
古くから使っているクレーンなどでは、鉄が腐食している場合もあるので本格的な点検を業者に行なってもらうことも可能です。
点検やメンテナンスをメインに行なっている業者をうまく活用して安全して作業できるようにしましょう。クレーン専門の業者は、数多くありますがインターネットなどを利用して探すことで簡単に見つけられるでしょう。ホイストクレーンや天井クレーンなど種類に関係なく行なっているので有効に活用しましょう。