専門性が高い流量計やふるい機を有効活用|仕事効率120%向上

作業員

有効に使うための知識

グラフ

漁師にとって魚を取ることは仕事です。海の上を船で走り、魚群探知機を使って魚の居場所を探している漁師が多くいるでしょう。多くの魚を取るためには必須のアイテムになるので有効な使い方や性能などについて知識を知っておくことが大切です。

魚群探知機は、超音波を使って魚を探知するのですが、超音波の出力によって性能が変わってきます。購入するときに見ておく場所として超音波の出力と周波数を見ましょう。
この数値を見て適切な数値の魚群探知機で幅広く魚群を探し出せるようになります。
ここで気を付けておくべきこととして周波数が高いと超音波が水中に吸収されてしまいます。そのおため、深い海底まで魚群を探しだせません。
逆に周波数が低いと水中に吸収されず、海底深くまで超音波を届けられるようになり、魚群を探せるようになるのです。
一見、周波数が低い方がいいと思いますが、周波数が低いと今度は検索する範囲が広いということがあります。広く深く探知するので船の真下に魚群がいるとは限らないのです。
これらの情報は船にある画面に画像として移ります。周波数を使い分けながら画面に写っている魚群を探し、有効に仕掛けを落とすことや釣りなどを行ないましょう。

しっかりと魚群探知機の性能や見方、使い方を把握して効果的に魚群を探せるようになっておきましょう。そうすることで希望する魚を捕まえることができるでしょう。
また魚群探知機は、捕まえるだけではなく、魚の生態などを知ることもできるアイテムなので研究などにも使われています。